人気ブログランキング |

最後の晩餐

{熱っつーまま(ご飯)さ、筋子。}
b0111551_1524293.jpg

レオナルド・ダ・ビンチの絵画で有名な‘最後の晩餐’。
その以前にも、西洋では多くの画家がこのお題に挑み、色々な解釈から‘最後の晩餐’は描かれてきたようですね。
その当時、キリストさんは、最後に食べたいものを所望して、食卓に並べる事が出来たのでしょうか?
食卓に並ぶ料理よりも、あ~でもない、こ~でもないのお話で、最後の食事は楽しむ事は出来たのでしょうか?
いずれにしろ、今の時代、随分その当時に比べれば、食生活は豊かになり、あれは嫌い、これは好き、これは食べるけど、あれは食べないなどと、随分選り好みが激しく我儘が言える時代でありますね。
学校では、太るから、栄養が偏るから、アレルギー体質だからなどと、食事を残す事を推奨してもいるようです。
自分が小学生の頃は、食べ残しは許されず、食べ終わるまで昼休みは出来ないという環境であり、皆が校庭で遊んでいる最中も、一生懸命給食を食べているクラスメイトがいたものです。
お客様とお話をしていて、たまに「最後の晩餐は何ですかね?」などという話題になることがあります。
あるお客様は、「ん~。納豆ご飯でいいわ。」とか、「やっぱり、銀シャリ(炊き立ての白いご飯)でしょう。」など。その上司に連れてこられたお客様は、「私はすき焼きです。」とか「マグロの中トロの鮨。」などと、年齢・人生経験や嗜好により最後の晩餐は様々です。
色々お話を聞いていると、お仕事である程度の地位に付き、色々食べ歩かれる機会が多かったり、他県や外国にまで行く機会が多い方々は、シンプルなものを好まれるようです。
大抵その様な方々は、色々なものを食べつくして、高級食材に飽きてしまい、あまり飾り立てた料理は好まれません。
最後の晩餐に高級料理を所望する方々は、どちらかといえば、まだ、飽きるまで、色々なものを食べてない方が多いようです。
{津軽海峡の天然活締めで揃えたお刺身。}
b0111551_15234314.jpg

どちらとも、それはそれで、楽しさがあるものだと思います。
最後の晩餐に、白いご飯であろうが、フォアグラであろうが、その時間を楽しむ事が出来ればとてもよろしい事でしょう。
食べる中身よりも、もっと大事なのは、これが人生最後の食事。これが見納め。これで二度と食べる事はない。という状況で、何にも縛られず、笑顔で時間を楽しむ事が出来るのかが大事な事のように思います。
いくら我儘に贅沢に自分の好きなものを選んでも、気持ちが塞がっていれば、何を食べても無味でありましょう。逆に、最後とは言え、気持ちが晴れ晴れしていれば、何を食べても美味しいもののような気がいたします。
自分の親父が、話してくれた昔話で、「戦国時代に、戦に破れ囚われの身の武将が、今から首切りの処刑という直前に、情けで熟れた柿を出された。秋の頃で、この時代、砂糖も無く、一番のご馳走で甘物はといえば、干し柿。それを差し出されたのだが、今から殺されるというその武将は、{柿なんぞ喰って、腹を壊したら戦にならん!}と、柿を食わなかったそうだ。」という昔話。
これから、死ぬのが分っていて、最後の晩餐を断る人もいれば、震えて何も食べれない方もいるものでしょう。吹っ切れて、静かに食事する人や、喜んで笑顔で食べれる人は、そんなにいるものではないと思います。
自分だったら、なんだろうな?と、考えると、この頃は、「熱っつ~まま(ご飯)さ、紅鮭の筋子の醤油漬けをたっぷり載せて、食べたいものです。」
朝から晩まで、食べる事を考え、料理することを考え、自分の食事も作る時間も無いほど料理を作っていれば、食べる事も作ることも、疲れたり、飽きてきたりするのが本当のところです。
自分の作る料理が、そこそこ美味しいレベルなんだろうとは思えても、自分で作った料理は食べたいものではありませんね。食べていただけるお客さまがいればこそ、張りもあり、料理作りも精が出るものです。
その日一番の天然食材ばかりを集めて、作っては味見。作っては味見。作っては味見。の生活は、外から見るより、いいものではありませんね。
だからと言って、食べるのも作るのも嫌いなわけではありません。誰かがが作ってくれた、料理を食べたい欲求が溜まるものです。ですから、お世話になっているお客様にたまに、「お支払いはしますから、料理を食べさせてください。」といっても、敬遠されてばかりで、板前さんは可愛そうな者ですね。
ですから、誰にも迷惑かけず、臆せず、一人至福の時を過ごせるのは、市場から筋子を買ってきて、炊き立てのご飯に、筋子をのそっと、乗っけて頬張るのが一番です。
これは、普段からしているのですが、多分最後の晩餐に選ぶのも、「熱っつ~ままさ、筋子」がいいなぁ~と思います。
皆さんは最後の晩餐は何になさいますか?
b0111551_1521251.jpg

{これから始まる、津軽半島天然根曲がり筍。}

ヤフーブログ食の超大国青森’‘もご覧下さい。
by tk-mirai | 2009-05-16 15:10 | Comments(0)

未来のオーナーのブログ


by tk-mirai
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30