未来の仕込み  陸奥湾産ホタテ下処理

{陸奥湾産ホタテ。}
b0111551_20224072.gif
青森県を代表する食材ホタテ。
水揚げの9割ほどが加工に回されるため生のホタテは青森県人でもそれほど食べていないのが実情です。
宮城や北海道のホタテが多く出回り多くの方々が実は青森に居て青森県外のホタテを食べています。多くの方々が知らないことですが・・・・。
その理由が陸奥湾のホタテは味は間違いなくダントツで一番美味しいのですが、大きくなるのに時間が掛かるのが欠点。
北海道・宮城のものが3年で出来る大きさが青森では同じ大きさになるまで更に1年、4年育てないと同じ大きさにならないのでコストが掛かり小さいうちに出荷するケースが多いこと。4年育てても3年物と同じ価格で取引されるならホタテ漁師も3年で出してしまうそうです。売るほうからしても買うほうからしても味よりも大きいほうに寄ってしまうので生で売られているものは青森県外物がほとんどです。
けれども、陸奥湾のホタテの味を知っている人は「これは陸奥湾。これは外海だ。」と食べ分けが出来るので、当然陸奥湾物を選びます。郷土愛や地元贔屓を抜きにしても味は陸奥湾のホタテが美味しいです。
旬は晩春から夏。
関東・関西の方々は、北海道ものの大きなホタテの流通の影響でホタテは冬と勘違いされていますが、ホタテは夏です。夏にホタテを食べないでホタテの味は語れません。旨味が強いので食べ飽きやすい食材ですが、どうやっても旨い食材です。生・煮・焼き・揚げ・蒸し何でも美味しいです。その旨味の濃さは鮑以上です。味の分かる方は鮑よりもホタテの方が上と認識しているものです。
動画は刺身用に貝柱と紐に分け、紐はたわしで擦って掃除をします。面倒ですが紐は味があるので味わいたい部分です。欠点として紐はすぐアンモニア臭がするので、半日しか生では食べれません。



[PR]
by tk-mirai | 2017-08-30 20:50 | Comments(0)

未来のオーナーのブログ


by tk-mirai
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31